MENU

学部・大学院

慢性疾患看護学領域

慢性疾患やがんとともに生きる人々が、その人らしく生きることを支える

■領域概要

 私たちは、「看護実践に根ざした教育・研究」をモットーに、それぞれの臨床経験や研究業績に基づいて、成人期にある慢性疾患・がん看護に関する教育・研究を行っています。

 慢性疾患やがんとともに生きる人々が、その人らしく生きることを支える看護への思いはとても熱く、ゼミでは互いの看護観を刺激し合いながら、常に臨床実践に活用できる研究を目指して、活気に満ちたディスカッションを繰り広げています。

 慢性疾患看護・がん看護に興味があり、研究に取り組みたい方、是非一緒に一歩先の看護の未来を切り開きましょう。

(東福寺・京都)

瀬戸奈津子教授

 糖尿病を中心に、慢性心不全、炎症性腸疾患等慢性疾患看護の研究をはじめ、看護継続教育として実践能力育成、看護管理に関する研究など幅広いテーマに取り組んでいます。

 博士前期課程では専門看護師育成のため高度実践看護師コースを設けています。臨床経験を積んだ後、慢性疾患看護専門看護師を目指す方、博士後期課程で臨床実践に還元でき得る学術研究に取り組みたい方、お待ちしています。

(淀川・枚方市)

青木早苗准教授

 がん看護を専門とし、中でもがん治療を受ける女性とそのパートナーのセクシュアリティに関する研究、遺伝的リスクをもつサバイバー・家族のセルフ・トランセンデンスに関する研究に取り組んでいます。

(鞍馬寺(京都)。家族でハイキングが最近のブームです。)

大原千園講師

 神経難病看護が専門です。特に、パーキンソン病、多発性硬化症をもつ人への看護に関する研究に取り組んでいます。

(兵庫県篠山市・2018年小児糖尿病サマーキャンプに参加したときの写真。)

村内千代助教

 慢性疾患看護の中でも糖尿病看護を専門とし、療養生活支援に関する研究をしています。

(和歌山県白浜町の三段壁へ母娘旅行に行ったときの写真)

森ひろみ助教

 「私はがんになってからの方が幸せなのよ、今の方が心が満たされているから。」

 治療が奏功せず亡くなっていく患者さんを看取るたびに、がん看護の意味とは何かという疑問にぶつかっていた私に、研修先の実習で出会った患者さんが教えてくれた言葉です。何度も再発を繰り返しながら、抗がん剤治療を受け続けていた彼女はとてもキラキラして見えました。それ以降『看護の答えは患者さんが持っている』をモットーとして、がん看護実践を続けていくことが出来ました。現在は、がん看護の中でもがん薬物療法看護を専門にしています。これから看護職を目指す方、現在看護職の方々と共に学びを深めていきたいと思っております。

(沖縄県北大東村保健センターにて・2018年に島のPRでインタビューを受けた時の写真)

藤本悠助教

 大学の卒業研究として行った、ユニバーサルデザインを用いた院内環境の整備から一貫して、看護職の労働環境を改善していくにはどうすればよいのかということを念頭に置いて研究を行っています。現在は、インシデント発生に関連する看護師のコンディションの関連について研究する傍ら、沖縄県北大東島での保健師経験をもとに、離島へき地における保健師確保の現状と課題についても研究を進めています。

領域メンバー集合写真

教員と大学院生(左から村内、青木、瀬戸、片島)

博士後期課程治療看護分野合同ゼミの様子

博士後期課程研究計画ゼミの様子

East Asian Forum of Nursing Scholars 2019(シンガポール)に発表・参加(片島)

Nursing Education Congress 2018(ワシントンD.C.)に発表・参加(藤本、瀬戸)

■教員の研究テーマ

 研究代表者:瀬戸奈津子

  • 糖尿病看護における実践能力育成プログラムの開発
    平成20~22年度文部科学省研究費補助金(基盤研究C)
  • 糖尿病看護における実践能力育成プログラムの普及と効果の検証
    平成23~27年度文部科学省研究費補助金(基盤研究B)
    糖尿病看護実践能力評価指標はこちら
  • 慢性心不全患者の症状や徴候のパターンを見つけるための外来看護支援ツールの開発
    平成25~27年度(挑戦的萌芽研究)
  • インシデント発生に関連する看護師のコンディション・アセスメントツールの開発
    平成28~30年度(挑戦的萌芽研究)

 研究代表者:青木早苗

  • 乳がん治療経験者の性生活に対する戸惑いと看護職者への期待
    平成21~23年度文部科学省研究費補助金(若手研究B)
  • 乳がん治療を受ける女性とパートナーを支えるセクシュアリティサポートモデルの構築
    平成25~29年度年度文部科学省研究費補助金(基盤研究C)
  • 遺伝的リスクがある乳がん女性のセルフ・トランセンデンスを促進する支援モデルの構築
    平成30~32年度文部科学省研究費補助金(基盤研究C)

 研究代表者:大原千園

  • インターフェロン—Β製剤で治療中の多発性硬化症患者への継続的な看護援助指針の開発
    平成24~25年度文部科学省研究費補助金(若手研究B)
  • 神経難病看護のコア技術を基盤とした援助指針の開発
    平成26~令和元年度文部科学省研究費補助金(若手研究B)

 研究代表者:藤本悠

  • 離島へき地における保健師確保に関する現状と課題
    平成31年~令和4年文部科学省研究費補助金(若手研究)

■大学院生からのメッセージ

【博士前期課程】

 慢性疾患の中でも、病気とともに生きる人の意思決定のプロセスについて、研究したいと思っています。まだ入学して間もないですが、先生方の幅広い知識は勿論のこと、その人柄に触れ、こんな風になりたい!!と胸を膨らませています。また学生間で語ることを通して、そこにどのような現象が起きているのか思考をめぐらすことで、自分自身の思考をまとめる良い時間となっています。(西澤 摩生)

 循環器疾患看護の臨床経験をもとに、研究テーマを探求中です。先生方・先輩方のつくられた和やかでほっとするこの空間で、のびのびと学べることは本当に有難く思います。楽しく、真剣に、看護に向き合っていきたいです。(北 麻友子)

 炎症性腸疾患の看護研究に関して取り組んでいます。現在は授業を通して臨床での経験を振り返り、より深く学んでいる最中です。著名な先生方や、様々な経験背景が異なる同期と勉学を共にし、毎日が新しい学びの刺激的な生活を送っています。(水野 光)

 IBD患者への看護について研究に取り組んでいます。ゼミや日頃の面談は、先生方からいつも良い学びと刺激を得つつ、臨床時代を振り返る良い時間になっています。豊富なカリキュラムやプロフェッショナルな教授陣。贅沢な環境に身を置かせてもらっていることに感謝しつつ、研究に邁進したいと思います。(片島 麻佑)

【博士後期課程】

  領域では、常に温かく声をかけてくださる先生方に支えられながら、たくさんの悩みも考えられる力にかえて学ぶことができるところです。臨床経験を活かし、研究に取り組んでいけると思います。(黒木 美紀)

 私は現在、がん看護に関する研究に取り組んでいます。慢性期看護学領域では、教員と学生が和気あいあいと自由で活発なディスカッションをして、がんを含む慢性期疾患患者の看護を追求しています。研究を進めることは簡単なことではありませんが、自分の枠組みにとらわれず、新たな看護の知を生み出すプロセスは刺激的で、とても楽しいものです。 是非、一緒にこの研究室で学びませんか?(松井 利江)

 糖尿病看護についての研究に取り組んでいます。治療看護学分野の面白いところは、クリティカルケア看護学と慢性疾患看護学が、治療看護として共同してゼミを行うところです。さまざまな視点からディスカッションがなされ、刺激的で視点が広がります。是非一緒に学びませんか?(肥後 直子)


連絡先

■看護学部
〒573-1004 枚方市新町2-2-2
関西医科大学 看護学部
TEL 072-804-0101(代表)


■看護学研究科
〒573-1004 大阪府枚方市新町2-2-2
関西医科大学 大学院 看護学研究科
TEL 072-804-0205、072-804-0207(事務室直通)
E-mail nursing@hirakata.kmu.ac.jp (事務室代表)

ページの先頭へ