MENU

学部・大学院

整形外科学

当科のテーマである股関節疾患に対する治療として、人工関節手術を主に多数手術を行っています。また、高度変形、骨欠損、感染などによる難易度の高い疾患に対しても、積極的に手術を行っています。若年者に対しては臼蓋形成術、骨切り手術、内視鏡下修復術なども行っています。
膝関節疾患はスポーツ外傷などに対して靭帯再建手術や鏡視下半月板手術を行っています。高齢者の変性疾患に対しては骨きり術や人工関節を行い、除痛と機能回復に努めています。脊椎疾患は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症に対して、顕微鏡視下の低侵襲手術やインストゥルメントを使った脊椎固定術など脊髄機能回復、根性痛の改善を行っています。また頸椎疾患に対しても必要の応じ顕微鏡を用いて安全確実に行っています。その他、救命救急センターと協力して重度四肢外傷や脊髄損傷の治療にもあたっております。

現在の研究テーマ

連絡先

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 整形外科学講座
電話 教授室 072-804-2762
研究室 072-804-2437(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2064

関連

医学部 整形外科学講座
大学院 医科学専攻 整形外科学

ページの先頭へ