MENU

学部・大学院

地域看護学領域

地域と生活に根ざした看護を学び続けるために『地域看護学』

■領域概要

 地域看護学領域は、地域で生活する人々の健康回復、維持、増進を図りながら、住みなれた地域でその人らしく生活していけるよう支援していくための看護について探究しています。そして地域における多様な人々とのかかわりを大事にした看護職の育成を目指しています。

 地域包括ケアシステム構築が進展するなかで地域における看護師、保健師の活動の場が広がってきています。本学においては全員が看護師、保健師国家試験受験資格をもつことができるカリキュラム構成になっています。医療機関で仕事をしていても地域の活動や地域の社会資源を紹介でき、保健師と連携できる看護職が育つための教育を行っています。

上野昌江教授

 地域看護学のなかで母子保健を専門としています。少子社会のなかで子ども虐待が深刻な問題になってきています。母子保健活動を担う保健師、看護職は、子ども虐待の世代間連鎖を絶つための実践をどのようにできるかが期待されています。実践の方々と、保健活動のなかで虐待予防についての研修会や研究会、事例検討会などを一緒に行いながら、具体的方略について検討しています。

 学部教育では、学生が地域のこと、地域で生活するさまざまな健康状態にある人々、保健師という職種とその活動について少しでも理解し、地域の人々のさまざまなニーズや考え方、生き方を学び、それを自ら実践できるような教育をしていきたいと思います。新しい大学の新しい看護教育のなかでどのような学生が育っていくのか楽しみに思いながら教育していきたいと思います。

廣野祥子講師

 現在、人々のつながりは、携帯電話やPC等の連絡・情報手段を含め、身近で多様化していますが、その一方で、社会との「つながり」の違いから、見ることも知る事もできない人々も多様に生じています。

 ことに地域においては、見える・会える人々だけが看護の対象ではないことから、私の研究はスタートしました。地域で誰もが生活するための看護について学んでいきましょう。

海原律子 助教

 自治体の保健師として、主に高齢者の生活の支援にかかわる仕事をしてきました。その時の経験を踏まえ、高齢者の社会的孤立を研究テーマとし、高齢期の生き方の一つとして、孤立を肯定的にとらえることの可能性を検討する研究をしています。

 地域の保健師として働いていた頃、「これでよかったのかな?」と自分の実践で悩むことがありました。そのときに思い出したことが、学生時代に学んだことや、お世話になった先生方の言葉でした。人や書物との出会いが、今も自分の支えとなっています。素敵な出会いを大切に、ともに学びあいましょう。

中原洋子 助教

 18年間、政令市で保健師として勤務していました。保健師は、初めての妊娠で不安を感じている妊婦さん、子育てに悩みを抱えるお母さん、歩行や日常生活に不自由を感じるようになった高齢者など幅広い年齢層の相談や家庭訪問を行っています。

 また、疾病予防の活動として、地域の方々と、健康増進に対する具体的な取り組みを一緒に考え、必要時には学校や企業と連携をはかるなど、保健師の活動は多岐にわたります。講義や演習を通して、ぜひ、保健師活動の魅力についてお伝えしたいと思います。

 研究は、子ども虐待予防を目的に、支援が必要な母親への妊娠中からの保健師の支援技術の向上に関することに取り組んでいます。

森田理江 助教

 産業保健師という職種はあまり知られていませんが、働く人びとが健康でいられる生活を支援するだけでなく、いきいきと輝ける働き方に寄り添い、その貴重な瞬間を一緒に体験できる大変やりがいのある仕事です。働き方改革や健康経営が注目され、健康施策は組織の財産と捉えられる時代になりました。多様化する社会と働き方、働く人びとへの支援を考えるとき、変化を見極め、柔軟に対応していく力が大切だと感じています。

 大学院の研究では、保健指導や健康教育の影響評価のための指標開発に携わりましたが、現在は生活習慣と労働生産性との関連について、研究を進めているところです。教員となり、あらためて保健師の専門性を考える機会を得て、その専門性を更に進化させるよう視野を拡げていきたいと考えています。

連絡先

■看護学部
〒573-1004 枚方市新町2-2-2
関西医科大学 看護学部
TEL 072-804-0101(代表)


■看護学研究科
〒573-1004 大阪府枚方市新町2-2-2
関西医科大学 大学院 看護学研究科
TEL 072-804-0205、072-804-0207(事務室直通)
E-mail nursing@hirakata.kmu.ac.jp (事務室代表)

ページの先頭へ