MENU

学部・大学院

精神神経科学

わが国において「心のケア」の重要性がうたわれて久しい。うつ病患者数の増加、高齢化社会に起因する認知症患者の増加、さらには震災によるPTSDといった精神科に関連する話題は頻繁に報道されており、広く世間に知られている事実である。
しかし、心のケアと一口にいっても、薬物治療などの生物学的なアプローチを優先すべきものから、カウンセリングなどの心理学的なアプローチが重要なものまで様々である。また、精神疾患を治療する上で、地域との連絡調整は不可欠である。当科では医師だけでなく、臨床心理士、作業療法士、精神保健福祉士といった多職種が在籍している。現在、一般外来のほかに、専門外来としてうつ病外来、もの忘れ外来、ジストニア外来などを行っており、さらにリハビリテーション部門としてデイケア、作業療法を併設している。こういった多職種がチームをなし、それぞれの立場から臨床、研究、教育に取り組んでいる。

精神疾患の解明とプレシジョンメディスンを目指して

多くの精神疾患の病態生理、メカニズムには未だ未解明な部分が多く残されています。しかしながら、近年の解析技術、情報技術の大きな発展により、その未知なる部分が探索可能となり、まさに精神神経科学関連研究は躍進するステージが訪れています。当講座では、精神疾患の原因や病態生理を解明し、精神科治療のプレシジョン・メディスンを目指し研究を行っています。プレシジョン・メディスンとは、疾患・治療反応に関連するゲノムなどのオミックス情報、患者さんの詳細な臨床背景・疫学因子などの膨大な情報を解析し、個人に適切な精密な医療を行うことです。研究グループは、ニューロフィジオロジー、臨床薬理・ゲノム薬理、ニューロイメージング、気分障害、老年精神医学などがあります。治療には、薬物治療などの生物学的アプローチだけでなく、心理学的アプローチが重要なものまで様々であり、精神疾患を抱えるそれぞれの患者に対し、多職種が力を併せて取り組むことが不可欠です。当講座では医師だけでなく、臨床心理士、作業療法士、精神保健福祉士が在籍しており、様々な観点からの臨床疑問に基づいた研究をおこなっています。

現在の研究テーマ

現在の研究テーマ

現在の研究テーマ

ニューロフィジオロジー(神経生理学)的手法による脳機能の評価

 ニューロフィジオロジー(neurophysiology:神経生理学)は、中枢神経(脳、脊髄)、末梢神経、筋の機能や病態を、脳波や筋電図などを用いて調べる研究分野です。私たちは、患者さんや健常の方々を対象に、さまざまな疾患や条件で測定して得られた脳波データを基にコンピュータで解析を行い、定量化し評価する研究(定量脳波研究)を行っています。解析方法は多彩で、脳波活動を三次元的に可視化するLORETA法など、多くの手法を駆使しています。
 当研究グループは、向精神薬が脳波に与える影響を評価して薬剤の作用機序を推定する「薬物脳波学」と呼ばれる分野に以前から取り組んでおり、薬物動態などを客観的に評価する研究を行ってきました。最近では、経頭蓋直流刺激(tDCS)という微量の直流電流を脳に通して脳機能の改善を図る治療法による脳機能変化を研究し、新たな治療法の評価に取り組んでいます。

気分障害・統合失調症におけるプレシジョンメディシンを目指した臨床・ゲノム薬理学的研究

 うつ病の社会的損失は年間3兆円、統合失調症は2.7兆円であり、年間約3万人の自殺者の多くは精神疾患と関連しています。しかしながら初期治療に対し30-50%が治療抵抗性であり、不適切な薬物治療がその一因となっているため、精神疾患においても、プレシジョンメディスンの確立が急務とされています。これまでに、薬物反応性と有意に関連のある遺伝子多型やバイオマーカーが報告されていますが、実臨床で有用なレベルのマーカーはまだ見つかっていません。その理由として、これまでの試験では、治療法が統一されてない試験や1遺伝子・1バイオマーカー単独での報告が乱立しており、それら試験は治療反応と相関のあるマーカーを公表することをゴールとしており、そのエフェクトサイズや治療への寄与率が考慮されておらず、また、それらを総合的に臨床へ活用しようと試みられていないことが、問題点であると考えます。
 私たちは、これらの問題点に打ち勝つべく、ゲノミクス-エピゲノミクス-インフォマティクスを一貫してトランスレーショナルに一望することで、実臨床で活用できる有用なマーカーを発見し、患者さんに還元できる、プレシジョン・メディスンを目指しています。探索する因子としては、ゲノム(DNA,miRNA)や、そのメチル化、治療に影響する血中蛋白などのバイオマーカー、性格、生活環境などの患者さんの背景や中間表現型(定量脳波やMRI)を対象としています。これらのたくさんの因子が、どのように薬剤の治療反応に影響しているかを詳細に解析することで、各患者さんに最適な治療を導くアルゴリズムを構築していきます。これまでに、すでに多くの成果を世界に発信していますが、進化する解析技術を使用し、さらなる質と精度の向上を目指し、知識とデータを蓄積し続けています。

神経画像解析による精神分析学への新たなアプローチ -MRI拡散テンソル画像解析による精神分析的精神療法治療効果判定-

ミラーニューロンは「共感」と関連があるニューロンです。精神分析学の創始者であるフロイトが提唱してきた投影性同一視や転移、逆転移の考えが、ミラーニューロンの発見によって裏付けられたという報告があり、この領域に注目することが、自然科学と人文科学をつなぐ研究に発展すればと考えています。この研究は、精神分析的精神療法が「共感」と関連するミラーニューロンを変化させ、精神疾患の治療・再発予防に貢献するのかを明らかにする世界でも初めての試みになると考えています。真実に向けた作業は、神経画像解析においても精神分析学においても非常に過酷な作業ですが、たくさんの方に協力していただきながら追究して得た真実を皆様と共有したいと考えています。

連絡先

〒570-8506 守口市文園町10-15
関西医科大学 精神神経科学講座
電話 06-6992-1001(代表)

〒573-1191 枚方市新町2丁目3-1
関西医科大学 枚方病院 精神神経科
電話 072-804-0101 (代表)

関連

医学部 精神神経科学講座
大学院医学研究科 医科学専攻 精神神経科学

ページの先頭へ