MENU

学部・大学院

基礎看護学領域

臆することなく人に「触れる」ことを重んじる

■領域概要

 基礎看護学領域は、看護学を学ぶ上での土台となる「礎(いしずえ)」を構成する部分を専門としています。具体的には、看護という営みそのものや、そこで生じる豊かな現象や関係等を論理的に体系化し、理論として言語的に説明すること。そして、看護ケアが対象となる人にとっていかに貢献し得るかを、医学の知見をも交えつつ、研究を通じて看護技術の根拠(エビデンス)を創発することが挙げられます。

 しかし、単に個々の理論や技術が成立することをめざすだけでは、看護としては充分とは言えません。真に安寧や回復をもたらす看護実践とするためには、相手に関心をもって接近し、実際に「触れる」ことこそが大事です。私たちは、ケアの受け手となる方々と心を通い合わせることや、直にふれあうことでしか成し得ない看護の本質を常に念頭において、教育研究に取り組んでいます。

片田範子教授

 大学院では、学生の思考や語りから浮かび上がってくる現象を概念化し、理論化へとつながるよう、実践体験の見直しや再構築の手助けをしています。理論化への道筋が見えてきたときの喜びは学生だけにとどまらず、教員にとっても大変嬉しいものです。

 学部の学生とは、「看護って奥深くて面白そう!」と感じられる時間を共に過ごしたいと思っています。100名の皆さんに看護概論を説くことは、難しいですが、チャレンジです。

 研究は、継続していた「こどもセルフケア理論の構築」が、大きな節目を迎えます。新たな課題は人が持っている力を見据え、病む人と看護者との相互作用の中で体験する「瞬間の連続」を見出せないかと考えています。

 改めて、基礎看護学領域の奥深さを認識しているところです。思考と実践の本筋を学び、見直す体験の手助けができますように、教員は燃えています。

藤本悦子教授

 専門分野は基礎看護学と解剖生理学です。研究のメインテーマは「看護技術の検証と開発」で、様々な手法を用いて、多角的に課題にアプローチしています。現在は、「リンパ浮腫患者のケア」に焦点を当てています。教育では、「見極める能力」と「開発できる能力」を育成することを目指しています。

 看護技術は太古の昔から存在し、あらゆる看護の場面において、重要な役割を担ってきました。しかし、その中には、正しいと思い込んでいた技術が、実は間違っていたということも多々あります。また、医療の進歩によって、新しい看護が必要なこともあります。

 私どもは、本学で学び、そして研究した皆様が、自分で見極め、さらに開発する能力を発揮して、看護の発展に寄与されることを望んでいます。

 学ぶこと、研究することは、難行苦行であってはならないと思っています。楽しくともに歩んでいきましょう。

杉本哲夫教授

 大学院では脳科学から行動を調節する科学的仕組みと病態を調べています。医療系の大学や大学院は欧米のようにもっと多くの人材に門を叩いていただきたいですね。

 大学や大学院で学び、研究することで、自分で根拠を得て考え、仕事することの大切さをつかみ取ってください。

山下裕紀准教授

 私は今、communion(コミュニオン、交感)という看護の新しい概念について研究をしています。この研究の始まりは、ある患者と看護学生との「あうん」のやりとりに居合わせたことがきっかけでした。病み苦悩する人間に看護ができることはなにか、それを言語化できるか、挑戦しています。

藤原史博講師

 実践力を身につけるためには、成功体験から学ぶだけでなく、失敗を通じた学びにも大いに意義があると捉えています。その点、事例やシミュレーター(機械)を活用した演習であれば多少の失敗は許容されますので、現場に活きる学習を重ねることができます。本学ではそうした「看護シミュレーション教育」を推進しています。ぜひ、ともに学びましょう。

 研究面では、看護管理学を専門にしています。なかでも、諸先輩方が連綿と紡いでこられた看護の価値を、我々はどのように受け継いで、そしてまた次世代へと継承してゆくのかという問いのもと、看護専門職の世代継承性(generativity)を研究テーマとして取り組んでいます。

神田知咲助教

 基礎看護学領域では、1年次から講義や演習をとおして、看護に必要となる知識や技術を学んでいきます。どうすれば安全で安心してもらえる看護技術を対象者に提供できるのか、友人とともに、一緒に考え身につけていきましょう。

 研究テーマは、新人看護職員研修に関すること、看護技術に関すること、看護管理や看護倫理に関することに取り組んでいます。看護職は、働きはじめてからも学びつづけ、自らを高めることが求められます。そのためにも看護師や学生の学びを支援するための研究に取り組んでいます。

連絡先

■看護学部
〒573-1004 枚方市新町2-2-2
関西医科大学 看護学部
TEL 072-804-0101(代表)


■看護学研究科
〒573-1004 大阪府枚方市新町2-2-2
関西医科大学 大学院 看護学研究科
TEL 072-804-0205、072-804-0207(事務室直通)
E-mail nursing@hirakata.kmu.ac.jp (事務室代表)

ページの先頭へ