MENU

学部・大学院

ようこそクリティカルケア看護学領域へ!!

 私たちは、クリティカルケア看護学領域の「スペシャリティを追求し、
シームレスに拡がるクリティカルケア看護」を目指しています。

■領域概要

 クリティカルケア看護学は生命の危機的状況にある急性・重症患者や家族の看護を探求する学問です。実践の場は、
今や、救命救急・集中治療室にとどまらず、一般病棟・外来から地域・在宅にまで広がっています。

 看護学部では、クリティカルケア看護学と慢性期看護学の2つの領域を含む治療看護学分野として、2領域の教員が共同して指導にあたっています。演習や実習では、外科療法、化学療法などの薬物療法、放射線療法、免疫療法、透析療法、リハビリテーションなどの様々な治療を受ける成人について理解を深め、看護支援の方法、ケア技術について学びを深めていきます。さらに、医学・医療の発展に伴い、高齢化や慢性期疾患が増加する中で、生命の危機状況にある患者さんや複数疾患を持って生活する患者さんへの個別性のある看護について学びます。

 看護学研究科博士前期課程(高度実践看護師コース)では、クリティカルケア看護に関連する概念や看護理論、治療に必要な知識や技術を学び、高機能シミュレーター等による演習では臨床判断を備えた実践力を培います。救命救急看護、周手術期看護、臓器移植看護では、経験豊富なCNS(急性・重症患者看護専門看護師)や他の専門職による高度な看護を学びます。

 看護学研究科博士後期課程では、高い倫理観のもと自立して研究が遂行できる能力を高め、自身の研究課題をさらに深く探究し、看護援助方法の開発等を目指します。

■看護学部 授業風景

全学生がipadを活用して授業を展開しています。クリッカーも使用しながら授業を進めています。
—看護と倫理(看護学部2年生)—

急性期、周手術期、慢性期、回復期での救急・集中治療、手術療法、化学療法、放射線療法、免疫療法、透析療法、リハビリテーションの様々な治療を受ける患者さんへの看護実践の原理と方法、看護援助方法について学びます。
—成人治療看護論(看護学部3年生;1学期)—

手術を受ける患者さんへの具体的な援助方法について学ぶために、高機能シミュレータや医療機器やデバイスを用いた演習を行っています。
—成人治療看護論演習(看護学部3年生;1学期)—

手術療法や救命・集中治療が必要になった急性期にある患者さんへの看護実践を学ぶために、関西医科大学関連病院での実習を行っています。外科病棟やGICU(統合集中治療室)、救命救急センター、中央手術室が実習の場です。
—成人治療看護論実習(看護学部3年生:2.3学期)—

■大学院博士前期課程(高度実践看護師コース)授業風景

  

複雑かつ急激に変化する急性・重症患者への具体的な看護援助法について学ぶために、高機能シミュレーターを用いた演習を行っています。
—クリティカルケア看護学演習Ⅲ(博士前期課程1年生)—

クリティカルケア看護学に関連する概念や理論などについて討議しながら、新しい知識の習得や思考力・発想力・感性を培っています。
-クリティカルケア看護学概論(博士前期課程1年生)-

■大学院博士後期課程 授業風景

それぞれの関心ある研究について文献検討し、研究疑問から研究計画書作成まで、慢性疾患看護学領域との合同ゼミによる授業をプレゼンテーションやディスカッションを中心に行っています。
-治療看護学特論(博士後期課程1年生)-

クリティカルケア看護学領域のメンバー

 
 

クリティカルケア看護学領域のメンバーは、博士前期課程3名、博士後期課程2名、教員3名の計8名です。

 

「研究」について

  • 林優子
    科研費(基盤研究(C))2019~2021年度
    「急性・重症患者看護専門看護師の倫理的実践知の体系化-倫理的実践の質向上に向けて-」
  • 谷水名美
    科研費(若手研究)2019〜2022年度
    「肝移植レシピエントのWell-Beingを目指す継続的看護実践モデル開発」
  • 小林寛子
    科研費(若手研究)2020~2023年度
    「在宅療養移行を実現する悪性脳腫瘍患者の外泊看護支援プログラムの作成」
    勇美記念財団助成金 2019~2020年度
    「在宅医療を目指す急性期治療後の医療依存度の高い患者の傾向と特徴」

林優子教授

 私は、臓器移植医療におけるレシピエント・ドナー・家族へのケア、倫理的問題、倫理的実践などに興味・関心をもち、臓器移植看護を主たる研究として継続して取り組んでいます。看護学研究科では、クリティカルケア領域でのシミュレーション教育、倫理的判断や臨床判断、治療選択の意思決定支援、危機的状況にある患者・家族への看護実践などについて教育や研究指導を行っています。

*詳細は、researchmapをご覧ください。

谷水名美講師

 私は臓器移植看護に興味・関心をもち、継続して取り組んできています。生命の危機的状況を経て、手術を行った患者さんやそのご家族、臓器を提供された方にとって、よりよい看護支援の提供や地域で支えるシステム構築を目指しております。

*詳細は、researchmapをご覧ください。

小林寛子助教

 私は、SCU・脳神経外科での臨床経験から脳神経外科看護に関心を持ちました。現在は、脳卒中や悪性脳腫瘍によって様々な運動機能障害、高次脳機能障害を抱えた方々への個別性ある看護の提供に貢献できるよう研究を進めています。

*詳細は、researchmapをご覧ください。


—大学院生からクリティカルケア看護学領域を目指す方々へ-


 研究課題である重症患者の意思決定について、自分が積み上げてきた考えを崩しては積み上げることで、新たな視点、崩す勇気、崩しても残る大事な部分を学んでいます。一緒に闘う仲間や情熱のある先生方がいることは強い支えです。
治療看護学分野 クリティカルケア看護学領域 博士後期課程3年 稲垣 範子

 先生方の熱意のこもったご指導やゼミでのディスカッション、他領域の大学院生の方々との意見交換を重ねることで、自分が明らかにしたい現象と向き合う力がついてきたように思います。2年次から本格的な研究活動に入りますが、臨床の現場に還元できるよう頑張ります。
治療看護学分野 クリティカルケア看護学領域 博士後期課程3年 森島 千都子

 私は、救急病棟・ICUで5年の臨床経験を経て、本学に入学しました。私は、病院勤務での日々の忙しさから患者さんに向き合うこと・勉強することが出来ていなかった自分を振り返り、ここでもう一度看護をしっかりと勉強したいと思い、大学院進学を致しました。大学院生生活で改めて学ぶ看護学はとても面白く、また先生方や同期の方々と「看護」について話し合い考えを深める機会がある日々はとても充実しています。
治療看護分野 クリティカルケア領域 博士前期課程2年(高度実践看護師コース) 橋本 彩花

 私は、これまで救命救急センターで勤務してきました。臨床で様々な困難な事例があり、急性期における専門看護師の必要性を感じ進学しました。大学は、経験豊かな先生やさまざま背景をもった同期と日々学びを深められるとても良い環境です。この学びを臨床で活かしていきたいと思います。
治療看護分野 クリティカルケア看護学 領域博士前期課程1年(高度実践看護師コース)吉井 裕子

 私は救命センター、ICUで9年間勤務してきました。臨床の場では危機的状況に置かれた患者、家族に対してどのように向き合えば良いのか自問自答を繰り返していました。また、所属部署では主に後輩育成に携わってきましたが、その中でもっと科学的な根拠を示した指導が必要だと感じ、進学を決意しました。大学院では1から看護を見つめ直し、実践を言語化できる能力を身に付けたいと考えています。
治療看護分野 クリティカルケア看護学領域 博士前期課程1年(高度実践看護師コース)喜多 秀樹

 在学中は、多くの著名な先生方の講義、研究や実習など様々な視点から看護を見つめなおすとともに、専門看護師として必要なマインドを学び修了することができました。修士論文は、集中治療室の若手看護師の臨床判断の向上に焦点をあて、若手看護師の臨床判断の実態と教育への示唆を明らかにしました。現在は、臨床において大学で学修した内容を実践するとともに、研究で得た示唆を実際の教育に活用できるよう、邁進しています。
第二期修了生 正垣 淳伍

 臨床に戻ってからは大学院の講義やCNS実習での学びを振り返りながら、アセスメントに基づいた意図的な介入を心がけたり、看護実践をしながら倫理問題に対する調整を図ったりしてきました。また、看護スタッフからの相談やベッドサイドでの教育は方略を使ったり、スキルを活用して介入し、それを記述することを訓練していました。その積み重ねが実り、無事に2020年末に急性・重症患者看護専門看護師に合格することができました。今後も患者さんやご家族が抱える問題に取り組み、少しでも良い方向に向かうことができるように、誠実に対応していきたいと思います。
第一期修了生 田中 郁恵

連絡先

■看護学部
〒573-1004 枚方市新町2-2-2
関西医科大学 看護学部
TEL 072-804-0101(代表)


■看護学研究科
〒573-1004 大阪府枚方市新町2-2-2
関西医科大学 大学院 看護学研究科
TEL 072-804-0205、072-804-0207(事務室直通)
E-mail nursing@hirakata.kmu.ac.jp (事務室代表)

ページの先頭へ