MENU

学部・大学院

産科学・婦人科学

関西医大の開校と共に昭和6年に開講された講座です。初代の小栄次郎教授以来、奥 孫四郎教授、巴陵宣祐教授、山辺顕彦教授、棚橋 馨教授、風野輝雄教授、山村博三教授、水野潤二教授、椹木 勇教授、神崎秀陽教授、そして現在は岡田英孝教授が担当しています。医療の領域は、妊娠・分娩の管理、女性生殖臓器に関連する悪性腫瘍を含むすべての疾患の治療、性機能異常の治療、生殖内分泌異常や不妊への治療、更年期・老年期障害の治療などです。医学教育や卒後の研修・研究は産科学・婦人科学講座として、診療科名としては、附属病院では「女性診療科」あるいは「産科・婦人科・婦人科内視鏡外科」となっており、関連している診療支援部門として「総合周産期母子医療センター」、「生殖医療センター」、「臨床遺伝センター」があります。また総合医療センターでは「産婦人科」、香里病院では分娩を取り扱わず「婦人科」として診療しています。

女性の健康向上のため、周産期・婦人科腫瘍・生殖内分泌領域で研究に取り組んでいます

臨床の領域は、妊娠・分娩の管理、女性生殖臓器に関連する悪性腫瘍を含むすべての疾患の治療、性機能異常の治療、生殖内分泌異常や不妊の治療、更年期・老年期障害の治療などです。周産期、婦人科腫瘍、生殖内分泌、内視鏡部門の4分野に分け、チームを編成して、研究に取り組んでいます。病気を根本的に治すには医学研究が必須で、そのために臨床医にとっても、科学する心、研究マインドが極めて大切です。生殖臓器や細胞の機能解析、生殖臓器腫瘍の検討を、免疫組織染色、細胞培養に分子生物学的手法を取りいれて研究しています。特に生殖機能の中心的組織である子宮について、流産や早産の防止を目的とした子宮筋の収縮機構研究を各種薬物や外的因子に影響などを中心に解析しており、妊娠成立の要である子宮内膜機能の研究は、性ホルモンによる局所細胞分化機構の分子・遺伝子解析により、不妊症(着床不全)や不育症の診断や治療を展望しています。また、婦人科手術の新たな技術を開発しています。

現在の研究テーマ

子宮内膜増殖・分化の分子機構

妊卵着床に向けた適正な子宮内膜増殖・分化機構の解明には、卵巣性ステロイドホルモンであるエストロゲンおよびプロゲステロンによって制御される局所因子の解析が何より重要です。私たちは、子宮内膜機能調節機構の一端を解明することを目指して、ヒト子宮内膜においてステロイドホルモンが制御する局所因子の解明の観点から検討を行っています。その結果、これらの性ステロイドホルモンは子宮内膜間質細胞でそれぞれ特異的に制御している因子、つまりエストロゲンにより誘導される血管内皮増殖因子(VEGF)、ケモカインのCXCL12、およびプロゲステロンにより誘導されるInterleukin(IL)-15、Fibulin-1を介して子宮内膜での血管新生、着床能、免疫能、組織構築、脱落膜化などの機能を調節していることを明らかとしました。エストロゲンはVEGF、CXCL12を誘導することにより、血管新生を促進させて内膜の増殖に必要な子宮内膜環境を整えています。分泌期内膜間質で誘導されるFibulin-1は蛋白分解酵素に対して極めて安定な蛋白質であるので、妊娠成立・維持に必要な子宮内膜の強固な足場を作るには好都合です。私たちの研究成果は、生殖医療のさらなる発展への可能性を秘めており、さらには治療に役立つ戦略の確立を目的とし現在研究を行っています。

妊娠子宮平滑筋の収縮・抑制に影響する分子・化合物の探索とそれらの作用機序の解明

子宮は平滑筋組織からなる袋状の臓器で、収縮と弛緩を繰り返して、胎児ならびに胎盤を排出させる機能を持っています。妊娠子宮筋の収縮抑制機構の解明は、早産および安全な分娩誘発・促進を行う観点から産婦人科臨床医にとって重要な研究テーマの一つです。しかし、妊娠子宮筋の収縮抑制機構については、未だ十分な理解は得られていません。早産であれ正常産であれ、陣痛と呼ばれる子宮平滑筋の規則的収縮が発生しなければ分娩は成立しません。子宮には交感神経や副交感神経線維も存在しますが、子宮平滑筋は骨格筋や心筋と異なり、刺激伝導系として統合された神経支配はなく自発的に収縮することができます。それ故、子宮収縮は体液中の生理活性物質によって引き起こされると考えられています。しかしながら、私たちは最近、ラット子宮筋のムスカリン受容体がエストロゲンによって促進的にまたは抑制的に調節されていることを報告しました。さらにプロゲステロンはムスカリン受容体のサブタイプによってエストロゲン作用に拮抗する場合と拮抗しない場合があることを明らかにしました。これらからホルモン—ホルモン受容体—ムスカリン受容体の関係が、着床・妊娠維持・陣痛発来・分娩などの生殖生理に深く関わっていることを示唆しました。今後も子宮収縮に関与する刺激・抑制機序を解明し生殖生理の理解に役立てたいと考えています。

婦人科手術技術の新開発

膣内視鏡の開発と臨床応用として、新式膣内視鏡による子宮頸癌手術を開発しました。現在、その高い根治性と術後QOLの両立を実証中です。術後合併症の一つであるリンパ浮腫軽減のために新規リンパ節郭清術式の開発しています。リンパ節郭清の診断および治療的意義を損なわず、術後のリンパ浮腫が起きにくいリンパ節郭清術式の臨床成績を集積・検討中です。婦人科悪性腫瘍に対する新規の診断・治療法として、産学協同で光力学診断・治療の臨床試験をおこなっており、子宮体癌・卵巣癌のナビゲーション手術や子宮頸部異形成の早期低侵襲性治療の実用化を目指しています。

地域連携による子宮内膜症管理

婦人科慢性疾患である子宮内膜症の地域連携による管理システムを構築し、これまで困難であった子宮内膜症の予防や再発の臨床成績の向上を目指しています。

婦人科難治性癌性腹水に対する濾過濃縮再静注法

婦人科がんにおいて、腹水濾過濃縮再静注法は難治性癌性腹水の治療として安全性,有効性に優れ、QOLの改善に有効であることを確認した。積極的治療への導入も円滑であり、生存期間の延長も確認しました。今後も症例を重ね、さらなる臨床成績の向上を目指しています。

婦人科緩和外来での治療と地域医療連携体制の構築

当院のような急性期病院では進行担癌患者に対して、医療や介護の継続課題を抱えている状態での退院調整が必要になることも多いです。円滑に対応するためには、早期からの十分な症状緩和と適切なアドバンスケアプランニング導入、円滑な地域医療連携体制づくりが重要です。

連絡先

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 産科学・婦人科学講座
電話 教授室 072-804-2769
FAX 072-804-0122

関連

医学部 産科学・婦人科学講座
大学院 医科学専攻 産科学婦人科学

ページの先頭へ