MENU

学部・大学院

内科学第一

内科学第一講座は、本学創立2年後に開講した最初の内科学教室である。現在当講座は、日常診療において血液・呼吸器・膠原病の患者を扱うことから、生体防御(免疫機構)の破綻から発生する疾患を診療のターゲットとしている。血液内科は、ほとんどすべての血液疾患を受け入れているとともに、輸血部との強力な連携体制のもとに造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)にも力を入れている。また呼吸器内科は、良性呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患・気管支喘息など)と悪性呼吸器疾患の両方の診療を担当し、分子標的治療をはじめとする最新の治療を日常診療として行っている。さらに血液内科・呼吸器内科ともに、外来化学療法センターでの抗がん剤治療を行い、地域がん拠点病院にふさわしい体制を整えている。そして膠原病内科は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなど多くの難治性疾患を担当し、生物学的製剤などによる最新治療も提供している。このように血液・呼吸器・膠原病の3診療部門に集約された現体制は、内科の中の柱のひとつとして重要な役割を果たしている。

生体防御・免疫を主要研究テーマに据えて、血液、呼吸器腫瘍、膠原病、そして感染症の4つの診療をつなぐ研究を目指す

 当講座は、血液、呼吸器腫瘍、膠原病、そして感染症の4つの診療分野を担当しています。大学院での研究はこれらの分野をつなぐ、生体防御・免疫をキーワードに研究テーマとしているのです。この生体防御・免疫を学ぶことにより血液、呼吸器腫瘍、膠原病、そして感染症それぞれの臨床へのより深い理解を促し、基礎的知識を持った臨床医としての熟成と、第一線で臨床と基礎をつなぐ研究を行う研究者となり、さらに生体防御・免疫の領域で、将来自立できるだけの幅広く深い専門的知識を持った研究者を目指していきたいと考えています。

現在の研究テーマ

現在の研究テーマ

 血液・呼吸器・膠原病の各診療部門が治療の最終目標に掲げている生体防御機構の修復は、内科学第一講座における研究テーマに大いに反映されています。その中心となるのが樹状細胞(DC)に関する研究です。これまでは、幹細胞移植に伴う免疫系再構築のメカニズムや自己免疫疾患の病態解析および免疫抑制剤の作用機序におけるDCの役割などを中心に研究を展開。現在はさらに、アレルギー性疾患や悪性腫瘍などの難治性疾患に対する新しい治療法の開発へとその方向性は大きな広がりをみせています。
 一方、平成22年4月から着任した野村教授は、長年マイクロパーティクル(MP)と呼ばれる血管内の恒常性を維持する物質の研究を続けてきましたが、今回、内皮細胞関連物質であるトロンボモジュリンおよびプロテインCとMPとの関係に着目し、血管病変の修復に関する新たな研究テーマをスタートさせています。今後は、従来のDC研究とMPに関する研究を融合させることにより、生体防御機構の修復に関する集大成をめざすあらたな研究体制へと発展させていく予定です。

1.ヒト樹状細胞を用いた臨床的及び基礎的研究

 生体内で免疫監視機構の中枢に位置し抗原提示細胞として種々のエフェクター細胞を統御する樹状細胞(DC)は、現在までに様々な炎症性疾患の病態発症起点ならびにその進展に重要な役割を果たすことが判明してきていますが、1990年代当時、その詳細ならびにその重要性はある程度提唱されていたものの、ヒトにおけるDCの単離抽出の困難さからヒトにおける研究はほぼ皆無でした。私たちの研究室では、健常人の末梢血には、ミエロイド系DC2つの亜群とリンパ球系DCの計3つの亜群が存在することを明らかにし、これらを高純度に純化・単離する手法を確立(J. Immunol.1999)。それ以来、第一内科研究室でこのヒト樹状細胞を用いた研究を中心に据えて、現在まで研究体制を推し進めています。

2.トロンボモジュリンとサイト

 造血幹細胞移植は、造血器腫瘍や難治性血液疾患に対する根治的治療法のひとつ。移植の成績を左右するのはGVHDを含めた移植後の合併症であり、その対策は極めて重要です。当講座の野村教授は、造血幹細胞移植後の合併症を示すキーワードとして、サイト(SIGHT)の標榜を提唱しています。これは移植後の合併症の頭文字であり、SOS( 類洞閉塞症候群、別名VOD)、Infection (感染症)、GVHD(移植片対宿主病)、HPS (血球貪食症候群)、TMA (血栓性微小血管障害症)で、SIGHT(サイト)です。サイトの中でもSOSとTMAは止血凝固系の異常が主体であり、その病態には高サイトカイン状態が深く関わっています。
 本邦から世界に先駆けて薬剤化されたリコンビナント・トロンボモジュリン(rTM)は、DICに対する新しい治療薬として注目されていますが、野村教授は、rTMがSOSとTMAに対する治療あるいは予防法としても効果を示す可能性を指摘しています。そしてこの効果に関して、当講座主催によりサイト研究会を発足させ、臨床的ならびに基礎的なレベルで研究を行い、これら移植後の合併症に関する包括的な討論の場としています。
 さらに、当講座が注目するこのTMは、近年、この線溶作用以外に抗炎症作用を持つことも示されています。しかしながら、その作用機序は不明です。この点に関しても私たちは、TM の抗炎症作用を、上記のDCの側面から研究しており、基礎的なレベルでの知見も集積しつつあります。

3.GVHDと制御性T細胞

 移植後GVHDとその病態に関わる制御性T細胞をヒト、ならびにマウスを用いて研究しています。

連絡先

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 内科学第一講座
電話 072-804-2754,072-804-2503(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2041, 072-804-2504

関連

医学部 内科学第一講座 (血液 呼吸器 膠原病感染症内科)
大学院医学研究科 医科学専攻 血液・呼吸器・膠原病・感染症内科学

ページの先頭へ