MENU

学部・大学院

形成外科学

形成外科は、体表や顔面の先天異常や外傷、変形、腫瘍、母斑、潰瘍、瘢痕・ケロイド、色調変化を手術やレーザーで修復再建する臨床治療を進める診療と治療を行う分野です。形成外科学講座では、以下の治療と基礎的研究を進めています。
1. )皮膚形成部門:皮膚腫瘍、母班・血管腫、熱傷、皮膚慢性潰瘍(難治性潰瘍、褥瘡)、瘢痕拘縮、瘢痕・ケロイドなど。
2. )頭蓋顎顔面形成部門:唇裂口蓋裂、小耳症、頭蓋先天異常、顔面外傷(骨折含む)、顎変形症、顔面輪郭形成、顎関節脱臼など。
3. )その他の表在骨格形成部門:漏斗胸、鳩胸などの胸郭変形の形成や膿胸、胸壁欠損の再建。
4. )眼瞼・眼窩形成部門:眼瞼下垂、内反症、外反症、眼瞼・眼窩腫瘍、眼瞼・涙道・眼窩再建、義眼床再建など。
5. )乳房再建部門:乳癌切除後の再建や発育不全乳房、過大乳房の形成。
6. )頭頸部再建部門:頭頸部の外傷・腫瘍における種々の再建。
7. )四肢再建部門:多合指(趾)症、裂手、絞扼輪症候群、血管奇形、リンパ浮腫、切断指肢再接着。
8. )外陰部再建部門:腫瘍切除再建、矮小・埋没陰茎、包茎などの外陰部再建。
9. )皮膚レーザー部門:Qスイッチルビーレーザー、色素レーザー、炭酸ガスレーザー、脱毛レーザーによる治療。
10. )抗加齢医療部門:シワ、シミ、眼瞼下垂を柱に健康科学科と連携。
11. )言語治療部門:口蓋裂言語、小児言語発達遅滞などの言語治療や構音改善手術。

現在の研究テーマ

連絡先

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 形成外科学講座
電話 072-804-2763(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2031
e-mail prs@hirakata.kmu.ac.jp

関連

医学部 形成外科学講座
大学院 医科学専攻 形成外科学

ページの先頭へ