MENU

学部・大学院

眼科学

眼科学は眼球とその付属器の疾患についての病態解明、診断・治療を行う学問です。当講座の特徴は、眼疾患に対して専門別に正確、確実な診療と研究を行っていることです。診療面では、黄斑(加齢黄班変性、中心性漿液性脈絡網膜症などの黄斑疾患)、網膜硝子体(網膜剥離、黄斑円孔、網膜上膜など網膜硝子体界面の疾患)、糖尿病網膜症、網膜循環障害、ぶどう膜炎、白内障、緑内障、角膜、小児・斜視弱視、涙道、ロービジョンなどの特殊外来があり、これらの特殊分野別にカンファレンスを定期的に行い、高い専門性をもって確実な診断・治療を行っています。手術は附属病院(枚方)、総合医療センター(滝井)、香里病院のそれぞれにおいて、白内障手術、網膜硝子体手術、緑内障手術を中心に行っており、手術数は三病院合わせて年間約5500件です。当講座は特に眼底疾患を専門としており、伝統のある網膜剥離・硝子体手術をはじめとする外科的網膜疾患(surgical retina)のほかに、近年進歩の著しい内科的網膜疾患(medical retina)にも注力しており、光干渉断層計(OCT)をはじめ最新の診断機器とレーザーや分子標的薬(抗血管内皮増殖因子薬)を用いた治療を多数例に行っています。また当講座の研究の特徴として、豊富な臨床例からの経験を基とした臨床研究を行うとともに、枚方学舎の眼科研究室では実験動物や培養細胞を用いて臨床に直結した基礎研究を行うことにより、その成果を直に臨床に還元する姿勢を保ちながら研究活動を続けています。

現在の研究テーマ

連絡先

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 眼科学講座
電話 教授室 072-804-2766
研究室 072-804-2468
FAX 072-804-2039

関連

医学部 眼科学講座
大学院 医科学専攻 眼視覚学

ページの先頭へ