MENU

学部・大学院

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

  1. 世界的な医学研究成果を創出しようとする熱意のある人
  2. 優れた医学研究者として活躍する意欲と先駆的な研究活動を志す人
  3. 指導的医療人として医学分野で活躍する意欲のある人
  4. 医学研究の成果を応用し、人類の健康増進と福祉の向上に寄与する意思のある人

カリキュラム・ポリシー

  1. 各研究分野において個別の研究指導を受けるリサーチワークに加えて、研究分野の垣根を越えて幅広く医学研究に必要な知識と技術を身につけるコースワークで構成する。
  2. コースワークでは、医学研究を行うに当たって必須の知識を共通コースで学ぶ他に、4つある必修選択コースのいずれかに参加することにより、定期的なコースミーティングとリトリート(合宿)を通じて視野を広げ、研究発表の指導を受ける。
  3. 3年次に各必修選択コースにおいて大学院生中間発表会を開催し、学位取得に向けてコース参加教員からのチェックと指導を受ける。
  4. 企画セミナー、大学院特別講義で国内外の著名な研究者による講演を受講する。
  5. 充実した学内共同研究施設を使いこなすために、利用講習会と各種研究技術の実習コースを受講する。

ディプロマ・ポリシー

関西医科大学大学院医学研究科医科学専攻の博士課程を修了し、以下の教育目標を全て満たしたと認められる者に博士(医学)の学位を授与する。

  • 高度な情報収集・分析能力があり、科学的態度に基づいてデータを解釈できる。
  • 医学における幅広い学識と、高い倫理観を身につけている。
  • 自らの専門領域において、自立して研究活動を行うのに必要な専門的知識と研究能力がある。
  • 研究成果を論文として発表し、グローバルに情報発信ができる。

ページの先頭へ