MENU

学部・大学院

3つのポリシー

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 本学の教育理念に共鳴し、強い意欲をもって学び、自ら考え積極的にチャレンジする人
  2. 生命と自然に対する敬愛をもち、相手の立場に立って考え、行動するための倫理観をもつ人
  3. 多様な人との協力を惜しまず、常に目的意識をもって努力し、継続的に自らを高めようとする人
  4. リハビリテーション医療における国際レベルでの研究・発展に貢献したいという熱意をもった人
  5. 人の健康や入学後の修学に必要な基礎学力を有している人生活に関心がある人


教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 人の尊厳や価値観を大切にする心豊かな人格を育み、幅広い教養と豊かな専門知識や優れた技能を授け、社会とともに医療を担う専門職を育成する
  2. 医療機関での専門的治療から地域で生活を支援する地域医療までの一連の流れを理解し、多様化する医療現場においてチームの一員として必要な専門性、協調性、積極性を備え、リーダーシップを発揮できる人材を育成する
  3. 高度な医療設備を介した学修により、先端テクノロジーを利用した次世代の医療科学を担う国際的な人材を育成する


学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

卒業時までに身につけておくべき能力を修得した者に、学士(理学療法学)もしくは学士(作業療法学)を授与します。

  1. 医療専門職としての職業倫理と社会的役割を自覚し、国内外で幅広く社会に貢献できる教養と科学的思考を身につけている
  2. 心豊かで高いコミュニケーション能力と協調性を有し、対象者や他職種など多様な人と協働し、先端医療から地域支援まで幅広い領域で専門家としての役割を担うことができる
  3. 医学・医療の進歩に対応できる臨床能力を備え、将来いかなる分野に進んでも最新の知識・技能を習得しようとする態度を身につけている
  4. 国際活動や研究活動を行うための基礎的能力を有している

ページの先頭へ