MENU

学部・大学院

実験動物医学

今まで動物実験が果たした役割は非常に大きく、今後も特に医学生物学研究においては動物を用いることが不可欠であり、むしろ更に大きく発展することが予想されます。しかし、実験に供する動物の数を減らし、代替法を見出す努力を怠らず、しかも、やむを得ない場合には動物に苦痛を与えないよう(3Rsの観念)心がけるのは当然です。実験動物医学は、動物愛護の立場から、実験に用いられる動物の健康や医学および福祉向上に関する研究を意味します。

現在の研究テーマ

連絡先

〒573-1010 大阪府枚方市新町2-5-1
関西医科大学 附属生命医学研究所 モデル動物部門
電話 072-804-2441

関連

大学院 医科学専攻 実験動物医学

ページの先頭へ