MENU

学部・大学院

  • 学部・大学院
  • 大学院医学研究科
  • 血液・呼吸器・膠原病・感染症内科学(一内科)

血液・呼吸器・膠原病・感染症内科学

血液・呼吸器・膠原病の各診療部門が治療の最終目標に掲げている生体防御機構の修復は、内科学第一講座における研究テーマに大いに反映されている。その中心となるのが樹状細胞(DC)に関する研究である。これまでは、幹細胞移植に伴う免疫系再構築のメカニズムや自己免疫疾患の病態解析および免疫抑制剤の作用機序におけるDCの役割などを中心に研究が展開してきた。現在はさらに、アレルギー性疾患や悪性腫瘍などの難治性疾患に対する新しい治療法の開発へとその方向性は大きな広がりをみせている。一方、平成22年4月から着任した野村教授は、長年マイクロパーティクル(MP)と呼ばれる血管内の恒常性を維持する物質の研究を続けてきたが、今回、内皮細胞関連物質であるトロンボモジュリンおよびプロテインCとMPとの関係に着目し、血管病変の修復に関する新たな研究テーマをスタートさせている。今後は、従来のDC研究とMPに関する研究を融合させることにより、生体防御機構の修復に関する集大成をめざすあらたな研究体制へと発展させていく予定である。

現在の研究テーマ

連絡先

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 内科学第一講座
電話 072-804-2754,072-804-2503(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2041, 072-804-2504

関連

医学部 内科学第一講座(血液 呼吸器 膠原病感染症内科)
大学院 医科学専攻 血液・呼吸器・膠原病・感染症内科学

ページの先頭へ