MENU

学部・大学院

神経機能学

ヒトや動物は危険な環境で生存確率を高める行動や生理応答を誘発する脳の機能として、恐怖情動を進化させてきたと考えられます。私たちは、恐怖刺激を感知して情動応答を誘発する脳の細胞や分子レベルのメカニズムを解明することで、精神疾患の理解に新たな切り口を与えたり、緊急時の生存確率を高める革新的な医療技術を開発したりすることを目指しています。現在のところ、嗅覚刺激による先天的と後天的な恐怖情動の制御をモデルとして研究を進めています。

現在の研究テーマ

連絡先

〒573-1010 大阪府枚方市新町2-5-1
関西医科大学附属生命医学研究所神経機能部門
電話:072-804-2577(教授室・研究室)
FAX:072-804-2577

関連

大学院 医科学専攻 神経機能学

ページの先頭へ