MENU

学部・大学院

細胞生物学

細胞接着分子カドヘリンによる神経回路形成機構
ヒトの中枢神経系は複雑な神経回路からなり、記憶や学習などの高度な神経活動を営んでいる。細胞接着分子プロトカドヘリン分子群は脊椎動物で急速に進化し、神経系で特異的に発現していることから、シナプス形成など複雑な細胞間相互作用を担っていると考えられている。現在プロトカドヘリン遺伝子のノックアウトマウスを用いて、神経回路形成における役割と精神神経疾患との関わりについて研究を進めている。

発表
Suzuki & Hirano (Eds), The cadherin superfamily, Springer 2016(書籍)
Hirano & Takeichi , Physiol. Rev. 2012
Asahina et al. Neurosci. 2012

図.プロトカドヘリン9は、マウス脳で前庭-動眼運動神経系にそって分布している

現在の研究テーマ

連絡先

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 生物学教室
電話 072-804-2347(内線2265)

関連

医学部 生物学教室
大学院 医科学専攻 細胞生物学

ページの先頭へ